LCCでの乗り継ぎは十分な余裕を

基本的にLCCでは、延着なんかの保証が全くありません。

例えばピーチでは

Peach便からPeach便へ同一日に2区間以上の旅程(乗り継ぎ・同日往復)をご利用の場合、国内線では60分以上、国際線では90分以上の乗り継ぎ時間を確保してください。Peach便と他社便との乗継ぎがある場合もお客様ご自身の責任で時間に十分な余裕のある便をご利用下さい。
なお、上記時間を満たしている場合でも、フライトイレギュラー等の理由によりお乗り継ぎできない場合に補償はいたしませんのでご了承ください。
別々の航空券でご購入いただきました乗り継ぎまたは往復旅程についても、同様に乗り継ぎできない場合、いかなる理由においても補償いたしませんのでご了承下さい。

となっています。

この間経験した延着だと、同じ搭乗口を使う前の便が30分以上遅れたので搭乗口が空かず乗る便も遅れて予定時刻から1時間以上も遅れて便が出ました。

ピーチに関してはほとんど乗り継ぎは無いので
(関空ー沖縄ー石垣、関空ー沖縄ー台湾ぐらいかな?)

あまり心配はいりませんが、名古屋などの中部から沖縄に飛んでそこからピーチに乗って石垣に行く時なんかもある程度時間の余裕を持たないと万が一遅れた場合、なんの保証も無いので新規で座席を取り直さないといけません。

LCCを使う時はいつもより多めに時間を取りましょう!ってことでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする