到着後の予定も余裕を持って

LCCは基本的に予定到着時間から送れるものとして認識しておいたほうが、到着後の予定が組み易いと思います。
(まあ、遅れると言っても今まで6回ほどピーチに乗りましたが遅れたのは1回だけでしたけど。)

ピーチに関して言えば、基本的に遅れは取り戻さないと思いますので、どこかの便が遅れれば他の便も送れる可能性が高くなります。

例えば、ピーチで沖縄から関空に帰ってくる時に最終便を選択すると

MM220便で関空着が22:45。

電車の最終は23:42

大阪市内行きならバスがもう少し遅くまでありますが、大阪市内に着いても電車はほとんど終わってると思います。

もし、最終便が1時間遅れたら・・・

関空のロビーで朝まで待つか大阪市内まで出てタクシーを使ったりするかしか、帰る方法がなくなってきます。

最終便選択は帰る当日まで目一杯観光出来るのでいいですが、遅れても関空からどうやって帰るかを考えておかないと次の日に仕事がある人はかなり困ると思うので万が一のためのシミュレーションはしておいたほうがいいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする