ノウハウ・コツ

LCCのデメリット

更新日:

今まででは考えられないぐらい格安で飛行機に乗れるLCC。

キャンペーンなんかでチケットが取ることが出来たら国内線が980円なんかで取れることもあるので、かなりの人が利用していますがフルサービスのANAやJALなんかと同じ感覚でいると手痛い失敗をすることがあるので注意が必要です。

LCCはすべて自己責任

予約類の手配はすべて自分で行い、前後の余裕をかなり見ておかないと時間が足りなくて飛行機に乗れないなんてこともあります。

また、機内でのサービスはほとんどが有料になると認識しておいてください。

薬を飲むためのお水ぐらいならコップに1杯ぐらいならサービスでもらえることはありますが、有料の水を買わないと薬を飲めないなんてことあります。

遅延・欠航はよくあります。

他の航空会社の便は欠航してなくても、LCCの便だけ欠航しているなんてことも稀にあります。

欠航した場合でも払い戻し以外の保証は全くないので、時間的に余裕のないこと(会社の会議や訪問、結婚式など)をする場合は注意が必要です。

万が一欠航した場合の時のことをシミュレーションしておかないと、空港でオロオロしてしまいます。

稀に空港のLCCカウンターで大声を上げている年配の人がいますが・・・

そんなことにならないように、複数の計画を立てておきましょう!

LCCを使ったときに感じたデメリット

私は彼と遠距離恋愛をしており、お互い会いに行くときはよくLCCを利用しています。
安いが目玉のLCCですが、私的に難点がいっぱい・・・じゃあ安定なJAL等利用すればですが
安さにはかまわない点がありますよね~。
まだ利用していない方にこんなこともありますよ~と参考程度につらつら記入していこうかと思います。
まず、メリットな点はなんといっても搭乗金額の安さ!
一般航空会社が時期にもよりますが最安でも一万近くに対して、LCCは4000円ほど・・・
んまこれにつられてほいほい乗ると待っているデメリットが、出発時間の遅れです(私だけなのかもしれませんが・・・)
大体多いのが「機材到着遅れ」これは使用する飛行機が空港に到着してない状態です。
LCCはたとえば成田~福岡間を一日何往復かしているのですが、使用している飛行機はすべて同じ。
だから前の時間で遅れが出たら次の時間へそのまま遅れが響いてくるのです。
ですが遅れたからといって、企業側は謝りはしますがそんなの最初だけで、猛烈なクレーマーでもない限り

遅れて当たり前でしょう?いやなら一般航空会社を利用していただけますか?というような態度を何度もとられました。
もちろん機内サービス等々ございません。ほかにも、荷物に制限がありそれをオーバーしてしまうと結構な金額の請求されたり
予約時一度支払ったら一般最安クラスだとキャンセル時の返金がなかったり、どれだけの荷物を持っていって確実にこの日に行けると確定が
できていないかぎりにはあんまりお勧めができません。時間・サービスを取るかお金を取るか考え物ですね・・・。
というかんじでつらつらと文句も入れながら書いてみましたがいかがでしょうか?
少しでも参考になればーと思います。







-ノウハウ・コツ
-

Copyright© LCCで後悔しない活用術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.