ピーチで支払手数料を無料にする方法

LCCでチケットを購入する時にほぼ必ずと言っていいほどかかる「支払手数料」。

ピーチならクレジットカードで330円~、コンビニ支払いで440円かかります。

ジェットスターならクレジットカードで430円、コンビニ支払い(ウェルネット)で550円かかります。

ちなみにこの支払手数料は1路線ごとにかかるので、往復なら2倍かかります。

LCCの運賃は元々の料金が安いので330円や440円程度ならそんなに気にならないと思いますが、少しでも安くしたいのはLCCを使う人なら誰もが思うことだと思います。

支払手数料を無料にする方法

それは・・・

ピーチポイントで支払う場合は、支払手数料が無料になります。

「ピーチポイントなんてそもそも持ってない」なんて声も聞こえてきそうですが、ピーチポイントは購入できるのである程度総支払額が分かれば先にピーチポイントを購入することで支払手数料を無料にすることができます。

無料にできますが・・・

実はピーチポイントを購入するのに発行手数料がかかってしまいます・・・

tesuryo

25000円分なら約900円の発行手数料なので、25000円で3路線以上のチケットを購入できれば、お得にはなりますが、1路線8000円だとかなり安い時期に取らないとその値段は難しいので、実質ピーチポイントを購入して支払手数料を無料にする方法は難しいと思います。

ピーチポイントを購入する以外の入手方法は

実はピーチからポイントを購入しなくても、ピーチポイントを入手する方法があります。

それは・・・

大阪・泉佐野市へ「ふるさと納税」を行うとピーチポイントが貰えます。

泉佐野市へ10,000円をふるさと納税による寄付をした場合、最大で8,000円の税金が還付または減額されます。

と言うことは実質2,000円の負担で済みますが、10,000円をふるさと納税することで、ピーチポイントを5,000ポイントを謝礼として受け取れるんです。

デメリットとしては、

  • ポイントに有効期限があること(発行から181日目に失効)
  • 確定申告をしないと還付もしくは減額されないこと

の2点ですが、デメリットを払しょくするだけのメリットがかなりあるので、利用しない手はないと思います。

詳しくはこちら

img_furuasto_tax

※追記

2016/8/1現在 大阪泉佐野市へのふるさと納税以外でもピーチポイントが貰えるようになりました。

ふるさと納税でピーチポイントが貰えるのは以下の市町村です。

  • 北海道栗山町
  • 北海道上士幌町
  • 茨城県鹿嶋市
  • 長崎県東彼杵町
  • 宮崎県小林市
  • 鹿児島県大崎町
  • 鹿児島県南さつま市
  • 沖縄県糸満市
スポンサーリンク

シェアする

フォローする