コラム

LCCニュース 北九州空港に韓国LCCジンエアーが!2年半ぶりの国際線就航

投稿日:

北九州と韓国がより近く!

jinair_1北九州空港発着の国際線は、2014年3月から釜山便を休止しており、北九州から韓国に行く国際便は2016年までの2年半ありませんでした。

そんな北九州空港に、約2年半ぶりとなる韓国の格安航空会社LCCジンエアーが9月6日、北九州空港と釜山、ソウル(仁川)を結ぶ、定期便を就航すると発表し、段階的に就航便数を増やしていくことを約束ました。

北九州から福岡にかけては、近年中国人観光客だけでなく、韓国人観光客の人数も増えており、今回の北九州空港に韓国LCCが就航したことにより、福岡市内に比べればやや韓国人観光客が少なかった北九州の観光客増加の起爆剤になるのでは、と期待されているようです。

24時間利用出来る北九州空港が、今後の九州LCCの動線となる?

9月6日に行われた会見で、安航空会社LCCジンエアーの崔晶皓社長が会見の際に「24時間利用できる北九州空港に関心を持った」と語っており、今後は24時間いつでも利用出来る北九州空港を起点に、人と人との交流が活発になることが期待されています。

もちろん、逆に言えば北九州空港を利用し、世界の航路の中継基地となっている仁川空港を利用すれば、グローバルな旅行やビジネス展開が可能となるということでもあり、今回の北九州での韓国LCCの就航は、大きな意味をもつことになるかも知れません。

また、同氏は会見の際に「本州の山口や大分などの観光地も近いので、韓国で北九州の認知度を上げたい」とも語っており、九州だけでなく、中国地方の観光客も増えることが見込めます。

今まで東京や大阪以外の人では難しかったが、LCCを利用してでの週末旅行も、北九州空港を利用することで、もっと身近になるかも知れませんね!

実は便利!?北九州空港からLCCで行く空の旅

9720現在、九州の玄関口といえば、福岡国際空港というイメージが強いですが、24時間営業となっているため、海外旅行だけでなく、国内旅行の際にも北九州近郊の方は、LCCを利用して東京や大阪に遊びに行かれる方が多いそうです。

もちろん、他の地方から北九州にLCCを利用して楽しい空の旅を満喫するのもおすすめです!

2016年の北九州空港は10周年。
そのため、北九州ならではの10周年イベントが開催されているので、北九州に御用がある方は、ぜひLCCを利用して移動コストを抑えて、北九州空港のイベントをめいいっぱい楽しみましょう。

ちなみに、九州の各地方空港にもLCCは就航していますが、24時間運営している空港はまれです。北九州からの交通の便は、同じ福岡県内や佐賀県、山口県までなら高速で1時間もあれば主要な観光地までいけるので、時間を無駄にしない九州弾丸旅行をご計画の方は、24時間営業の北九州空港を利用されてみてはいかがでしょうか?

北九州空港で韓国LCCを利用し仁川オリンピックに行けるかも?

さて、そんな北九州空港に韓国LCCが就航したことで、今後大きな影響を与えることになりそうなので、韓国LCCを利用しての、仁川オリンピックへの運行です。

いろいろと話題になっている仁川オリンピックですが、無事開催されることになったおりには、九州近郊の方は韓国LCCを利用して、仁川オリンピック気軽に行けるようになるかも知れませんね。

地方活性化にLCCは効果があると言われていましたが、その効果がやっと花開く時が来そうです。

すでに仁川オリンピックに向けて、韓国では準備が進んでいるようですが、果たしてリオを超えるオリンピックとなるのでしょうか?

LCCの中でも比較的安い韓国LCCを利用して、仁川オリンピックに行けるなら、オリンピック観戦と韓国観光に思いっきりお金を使えるようになるから、今から楽しみですね!







-コラム

Copyright© LCCで後悔しない活用術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.